高質・迅速・安心をモットーに!「生きがい支援企業」訪問入浴・訪問介護のアースサポート

サービスのご利用をご希望の方

お役立ち情報


障害者総合支援法とは?
「障害者総合支援法」は障がいの種類をこえた共通のしくみです。障がいの種類は関係なく、身体・知的・精神障がい、難病をお持ちの方(児童含む)自身が、利用するサービスやサービス提供事業者を選んで、事業者と直接契約を結びます。サービスにかかる費用のうち9割(施設利用時の居住費・食費は除く)を市区町村が支援します 。
障害者総合支援法がめざすもの
障がいや難病を持っている方が、尊厳をもって、日常生活を営むことができる社会の実現が目的です。「支援費制度(2003年施行)」、「障害者自立支援法(2006年施行)」の改定を経て、より柔軟にお客様や地域の状況に応じて事業が実施できるようになりました。
障害者総合支援法のポイント →障がいのある方が安心して暮らせる社会へ
1. 多様な支援を受けることで、障がい者がもっと「社会活動しやすくする」しくみ。
2. 障がいの種別に関わらず、「同じ制度のサービスが利用できる」しくみ。
3. 1割負担で、「全員で財源を支える」しくみ。
4. 手続きや基準が明確化していて「公平にサービスを利用できる」しくみ。

利用者負担のしくみ



総合支援給付は基本的に市区町村からお客様に対して給付されるものですが、サービス提供事業者が直接市区町村に請求します。お客様は自己負担分をサービス提供事業者に支払うだけで利用できます。
お役立ち情報メニューへ   ページの先頭へ


誰が利用できるの?
・身体障がい者
・知的障がい者
・精神障がい者
・障がい児
・難病者
アースサポートではどんなサービスが利用できるの?
居宅介護サービス
日常生活に必要な家事援助または、身体介護サービスを提供します。
-買い物、調理、食事介助、着脱介助、洗濯、掃除、入浴介助、など
重度訪問介護サービス
重度の肢体障がいがあり長時間の介護を必要とする方に対して、総合的に介護サービスを提供します。
-買い物、調理、食事介助、着脱介助、洗濯、掃除、入浴介助、外出介助、通院、など
同行援護サービス
視覚障がいにより移動が困難な方に、外出時に必要なサービスを行います。
-外出介助、買い物、通院、代読、代筆、など
移動支援サービス
屋外での移動が困難な方に対して、日常生活における必要な外出や余暇活動に参加する際の移動介助を提供します。
-外出介助、買い物、通院、ボウリング、観劇、など
お役立ち情報メニューへ   ページの先頭へ


利用するには?
申請から利用までの流れ


厚生労働省、「地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律について」
<http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sougoushien/>
(参照2013.3.23)

お役立ち情報メニューへ   ページの先頭へ