高質・迅速・安心をモットーに!「生きがい支援企業」訪問入浴・訪問介護のアースサポート

  • トップページ >
  • 介護保険サービス > 福祉用具貸与/販売/住宅改修サービス
サービスのご利用をご希望の方

福祉用具貸与/販売/住宅改修サービス

福祉用具貸与
不要になった福祉用具はどうすればいいですか?
介護保険のレンタル対象用品は、不要になれば引き取りに伺います。使っているうちに身体の機能などが変わっても、他のものに借り替えることが可能になっています。
他人が使った福祉用具は心配です・・・。
お客様から引き取った福祉用具は消毒・点検し、次の人が使えるように整備・保管していますので安心して使えます。

福祉用具販売
ホームセンターの福祉用具と、福祉用具事業者が扱うものは何が違うのですか?
介護保険では年間10万円を限度に、自己負担1割で福祉用具が購入できます。それが適用されるのは都道府県の指定を受けた事業者だけです。専門の相談員が身体の状態などに合わせて適切な福祉用具の選定をアドバイスをしたり、レンタル・購入後も不具合の調整などのアフターフォローをします。

住宅改修
手すりを取り付けると、家の中の見栄えが悪くなりませんか?
手すりにもさまざまな種類があります。材質や色、デザインを自由に選べ、メーカーも指定できます。内装に合わせて選ぶと、違和感も少なくなります。
同じ家に複数の要介護者がいる場合の住宅改修はどうなりますか?
人数分の改修費用が支給されます。1人当たりの上限が20万円なので、2人なら40万円になります。ただし、共有部分の改修が重複しないようにします。
改修費用が20万円を上回ったらどうなりますか?
20万円をオーバーした分は全額自己負担になります。ただし、市町村によっては独自の施策で改修費を助成しているところもあります。
担当のケアマネジャーはいないけど、手すりだけを取り付けたい場合はどうすればいいですか?
要介護認定を受けているなら、市区町村や最寄の地域包括支援センターへ問い合わせます。ケアマネジャーや福祉住環境コーディネーター(2級以上)に「住宅改修が必要な理由書」を作成してもらい、事前に市区町村に住宅改修の申請をします。
アフターフォローはどこまでやってくれるの?
納品した後も、車椅子がパンクしたり、使い心地が悪いなどあれば、ご連絡いただければ、対応させていただきます。
商品のお試しはできるか?
レンタルの場合1週間程度可能。購入の場合は原則できないが、実物の確認のみは可能です。(実利用不可)
浴室の滑り止めマットは介護保険適用されるか?
自費での購入となります。
レンタルの料金体系について教えてほしい。
介護保険適用の商品は原則1割負担です。サービスは1カ月単位での利用ですが、開始月の契約日や終了月の解約日・中断日によっては、その月の利用料が半額になる場合もあります。
ただし、レンタルの開始と終了が同月内の場合は、利用日数に関わらず一ヵ月の利用料がかかります。


    前のページへ   ページの先頭へ